英語を始めるならいつが最適?

勉強法

今回は「英語を始めるならいつが正解?」というテーマでお話します。

2020年度より小学校3年生から英語教育がスタートしました。

ですが英語教育の見識にある方々の意見を聞くと、「それでは遅い」という方が大多数です。

英語を身に着けるには、もっと早くから始めた方がよいというのが結論です。

それでは詳しく述べていきます。

今回もよろしくお願いいたします。

英語はいつから始めるのが良いか?

英語を始めるならできるだけ早い方が良いです。

具体的な年齢で言うと1~3歳となります。

1~3歳の時期は英語を書いたり和訳するのはできないにしても、英語の発音を自然と吸収できる時期であるとされています。

また人間の耳が急速に発達するのは3~7歳の時期だと言われており、英語の発音を聞くには最適な期間であるとされています。

日本語もある程度身についてきているので、英語と日本語が少しずつ結びついてくる時期です。

さらに脳科学的に7歳~12歳の時期は「脳のゴールデンエイジ」と言われており、勉強の向上が最も期待できる時期です。

ですので小学校のうちから英語を始めるのは脳科学的に言っても理にかなっていると言えます。

ですが小学生前の幼児期から英語を始めることは、英語を自然と吸収できる観点からも有効であると言えるでしょう。

つまり英語を学び始めるなら、できるだけ早いうちからスタートさせた方が良いという結論となります。

【参考文献】脳科学まとめ<9歳~12歳編>小学校高学年の発達・できること・つけたい力

早いうちから英語を学ぶメリット

英語の力が身につく脳になる!

先程述べたように、早期から英語を勉強することにより、英語を自然と吸収できるようになり、英語の定着度も増していきます

のちの高校受験や大学受験、英検やTOEICなどの資格試験でも活きていきます。

まさに「英語脳」の育成ともいうべきもので、英語を円滑に身に着けていくためにも早期の勉強がポイントであると言えます。

文化の理解から寛容な心の育成につながる!

英語を学ぶことによって、多くの国の文化に触れることができます。

言語の学習は、その国の文化的な考え方を知るきっかけにもなります。

様々な国の文化に触れることによって、自分自身の視野が広がり、寛容な心の育成を育むことにつながります。

また文化を知ることで言語能力の向上にもなりますので、日本以外の国について興味が持てると良いですね。

表現力が向上する!

英語を学ぶことによって、表現力が豊かになります。

先程の文化的な理解にもつながりますが、同じことを言うにも、表現の仕方は言語によって変わってきます。

英語を学ぶことで様々な表現の仕方を学べるので、多角的な表現方法を身に着けることができます。

早期に英語を学ぶときの注意

国語の勉強をおろそかにしないこと

英語力を伸ばしていくために必要なのが国語力です。

日本における第1言語は言うまでもなく国語です。

英語などの第2言語の習得は第1言語を土台にしているとされています

つまり英語だけの勉強に注力せずに、まずは国語の勉強をしっかり行っていくことが大切なのです。

国語の勉強をおろそかにして英語の勉強ばかりになってしまうと、言語の習得どころか、どちらも中途半端になってしまいかねません。

このことを「セミリンガル(ダブルリミテッド)」といいます。

上記のように1~3歳の時期に英語を学ばせるのであれば、英語の勉強以外の時間はたくさんの日本語に触れさせたり、日本語の絵本を読んだりすると、国語力の育成にもつながります。

特に幼児期は国語・英語の両者をきちんと学ばせるように意識していきましょう。

無理矢理英語を押しつけないこと

人間は何かを無理させることに対して、非常に抵抗感を感じます。

英語もそうです。

無理矢理英語を勉強させようとすると、逆に英語嫌いな子になってしまう可能性があります。

時に早期の英語学習において大事なことは、いかに興味を引かせることです。

英語のリズムや音楽を聞かせたり、日本語と英語の違いを伝えたりと、「英語って楽しそう!」という気持ちをいかに育てていくかにかかっています。

今日は英語に触れたくないなんて日もあるでしょう。

そういうときは子どもの気持ちを優先して、英語に触れたくなる瞬間まで待ちましょう。

ただこれは幼児期においての話です。

中学生や高校生は多少無理があっても継続的に英語を勉強しないと伸びていきませんので。

最後に

いかがだったでしょうか。

早期に英語を学ぶメリットはたくさんあります。

英語が嫌いにならないように、楽しく学ばせることが非常に大切であると思います。

最後に幼児期に最適な英語教材のリンクを貼っておきます。

ぜひご覧になっていただき、参考にしてみてください!

うっかりペネロペ English Stories and Lessons for KIDS | 英語伝 EIGODEN【公式】幼児・子供向け英語教材の通販専門
ペネロペで英語を学べるDVDです。ネイティブ英語版オリジナル音声、1話5分の英語版おはなしの後に物語に登場した英単語や英語フレーズを学習できる英語レッスンを約2分追加しました。
【公式】 Goomies English for Kids DVD 幼児英語DVD | 英語伝 EIGODEN【公式】幼児・子供向け英語教材の通販専門
Goomies(グーミーズ)公式ショップ【英語伝】子どもたちが英語に夢中!グーミーズはアニメーション・ことば・歌をセットで毎日「英語体験」できる30エピソード・90分収録!
【世界の七田式】子供向け英会話教材 『7+Bilingual(セブンプラス・バイリンガル)』 | TOPページ